お得情報 家計

【エアコンが壊れた!?】エアコンの価格が高い今お得に買い換える方法

夏に向けて必要となってくるのが、エアコン。

 

最近暑いからエアコンは必須だよね

 

毎年大活躍なエアコンが突然動かなくなったらどうしますか?

 

修理か新しいものを購入するかな

 

今回は新しいエアコンを購入するという方に向けて、少しでも安く抑える方法を紹介します。

※実際にお店に行って性能や値段を比べてから購入しましょう。

 

この記事では、エアコンをお得に購入する方法を詳しく解説しています。

 

すぐに読めるもくじ

【結論】エアコンは家電量販店よりホームセンターで買う方が断然安い!

 

結論から言うと、ホームセンターで買うエアコンは安い!

知っているという方もいらっしゃると思いますが、知らないという方に向けて紹介していきます。

 

まず、家電量販店に行ってエアコンをみて、高っ!と心の中で思ったことありませんか?

 

性能がいいから高いのはわかるけど買い替えるのに躊躇するわ

 

私も、家電量販店に行くと、高っ!と心の中で思ってしまいます。

なぜなら、ホームセンターで安いのを見てきたから。

前職が、ホームセンター勤務だった私は、ホームセンターで安いエアコンを目にしたから家電量販店に行って驚いてしまいました。

 

ホームセンターの方がエアコンが安い理由

なぜエアコンは家電量販店で買うよりホームセンターで買う方が安いのか。

→理由は、ホームセンターのエアコンは、冷房や暖房などの基本的な機能しかないものが多いから。

 

家電量販店に行って、エアコンコーナーに行くと、いろんなエアコンを目にしますよね。

 

6畳のものとか見ると10万を超えた値段表示になっていることが多いです。

なぜなら機能のいいエアコンが多いから。

  • 人感センサーが付いたもの
  • フィルター自動洗浄機能が付いたもの

最近のエアコンではこういった機能が多くついています。。

 

その反面、ホームセンターは基本的な機能がついているだけのエアコンが多いので安いんです。

販売していた時は、冷暖房つきで、工事費込みで、5万円前後あれば、エアコンはつきました。

でも、人感センサーやフィルター自動洗浄機能がついたエアコンはありませんでした。

 

では、家電量販店に行って買うのと、ホームセンターで買うのではどんな違いがあるのでしょうか。

 

エアコンを家電量販店に行って買うメリット

 

  • 省エネエアコンが多く揃っている
  • 家電のプロが接客をしてくれる
  • 値引き交渉ができる
  • 保証内容が充実
  • エアコンの工事がスムーズ
  • 購入するとポイントが貯まる

 

省エネエアコンが多く揃っている

家電量販店では、省エネエアコンが多く揃っています。

〇万円節約など、省エネに特化したエアコンが置いてあり、メーカーごとに違ってきます。

 

家電のプロが接客をしてくれる

家電量販店では、家電製品アドバイザーの資格を持っている方がいらっしゃるので、接客は完璧にしてもらえます。

エアコン担当の方もいらっしゃるので、分からないところはすぐ解決してもらえます。

 

値引き交渉ができる

家電量販店では、合わせ買いなどで、値引きやポイントが多くもらえたりします。

 

保証内容が充実

家電量販店では保証がちゃんとしています。

5年保証や10年保証など、いろいろな修理に対応した保証があり、壊れたときでも安心です。

 

エアコンの工事がスムーズ

夏などのエアコンの買い替えの時期は、エアコン工事はかなりの数になります。

大型店舗でも、混んでしまいますが、その分エアコン工事の枠が多いです。

 

購入するとポイントが貯まる

ポイント10%キャッシュバックなど、ポイントが多く貯まります。

店員さんがちょっと多めにポイントを付けてくれるところもあるので、ポイントが貯まりやすいです。

 

エアコンを家電量販店に行って買うデメリット

 

  • 値段が高い
  • エアコンの種類がありすぎて悩んでしまう

 

値段が高い

大きなデメリットは値段が高い。

値段交渉もできるところはありますが、やはりエアコンの値段はホームセンターに比べたら高いです。

 

エアコンの種類がありすぎて悩んでしまう

夏の時期になると壁一面エアコンなんてことも。

メーカーによって機能が全然違うなど、いっぱいありすぎて悩んでしまいます。

 

エアコンをホームセンターで買うメリット

  • 値段が安い
  • エアコンの種類が少なめなので、すぐ決まる

 

値段が安い

ホームセンターで買う一番のメリットは値段です。

冷房だけの商品なら2万円前後で売っているところも。

安く抑えたい人にはオススメです。

 

エアコンの種類が少なめなので、すぐ決まる

家電量販店ではないので、エアコンの種類は少なめです。

働いていたところでは、3・4台のエアコンの種類でした。

 

エアコンをホームセンターで買うデメリット

 

  • 省エネエアコンが少ない
  • 接客する従業員はプロではない
  • 保証はあるが、家電量販店ほど充実はしていない
  • ホームセンターは地域密着型が多いので、1日に工事できる件数が少なめ
  • ポイントが貯まるホームセンターもあるが、ないところもある
  • 工事は、外注のため問い合わせなどに時間がかかる

 

省エネエアコンが少ない

ホームセンターでは置いている種類が少ないので、省エネエアコンとされるエアコンが置いていないことが多いです。

 

接客する従業員はプロではない

残念ながら、ホームセンターは、家電製品アドバイザーの資格を持っている人はいません。

長年家電を担当している方ならわからないところを質問すると返答がありますが、家電量販店の方よりは接客は劣ってしまいます。

 

保証はあるが、家電量販店ほど充実はしていない

メーカー独自の保証はありますが、ホームセンターの保証は家電量販店に比べたら充実していません。

 

ホームセンターは地域密着型が多いので、1日に工事できる件数が少なめ

夏前になってしまうと、全然予約がとれないことが多いです。

件数が少ないので、早い者勝ちになってしまいます。

夏前だと余裕があるので、早めの購入をオススメします。

 

工事は、外注のため問い合わせなどに時間がかかる

工事は、外注の業者さんがやっていることが多いです。

ホームセンターの中には、買ったお店では外注先の工事業者までは知らないということも、本社に問い合わせをして外注の工事業者に問い合わせをして返答待ちということが起きるので、かなり返答には時間がかかります。

 

ポイントが貯まるホームセンターもあるが、ないところもある

今はポイントを導入しているホームセンターも多いですが、ないところもあるので、確認が必要です。

 

ホームセンターでもっと安くエアコンを買う方法

 

家電量販店は値段交渉やポイントアップの交渉ができますが、ホームセンターだとそういった交渉ができません。

しかし、エアコンをもっと安く購入する方法が1つだけあります。

 

それは、型落ち商品です。

機能は一緒でも作られた年が、1年前や2年前だと例え製品の機能などが一緒でも廃盤商品として売っていることも。

 

年数の見分け方は、型番のところを見るとXXXX-〇〇20ーXXXXなど、英語と数字がかかれていると思います。

 

数字が続いていて18・19・20・21などが入っていると、2018年モデルや2021年モデルであることが多いです。

 

最近のエアコンは、441などの分からない数字にしていることが多いので、ネットに型番を入れると、何年モデルと出るので、気になる方は調べてみてください。

 

あとは、エアコンが、出始めのころは安くなっていることは少ないですが、夏の終わりかけは少し安くなっていることもあります。

 

ホームセンターによっては、出始めに年数が経っていたら廃盤商品として安く提供していることもあるので、エアコンの売りはじめと夏の終わりかけはチェックしてみてください。

 

ココに注意

基本ホームセンターのエアコンは夏に展示していることが多いです。

扇風機などと一緒に展示しているところが多いので、冬に行かれてもない場合が多いので注意が必要です。

 

家電量販店でエアコンを買うのをオススメする人

 

  • 長期保証が欲しい
  • 色々な種類から選びたい
  • 人感センサーやフィルター自動洗浄機能などが欲しい
  • 省エネエアコンが欲しい
  • ポイントを貯めたい

 

上記に当てはまる方はホームセンターより家電量販店で買われることをオススメします。

 

ホームセンターでエアコンを買うのをオススメする人

 

  • 冷房機能だけほしい
  • 長時間利用しない
  • 人感センサーやフィルター自動洗浄機能がいらない
  • 値段をできるだけ抑えたい

 

上記に当てはまる方は、一度ホームセンターに行ってエアコンを比較することをオススメします。

 

ココに注意

基本ホームセンターのエアコンは夏に展示していることが多いです。

扇風機などと一緒に展示しているところが多いので、冬に行かれてもない場合が多いので注意が必要です。

 

【エアコンが壊れた!?】エアコンの価格が高い今お得に買い換える方法まとめ

 

ホームセンターでエアコンを買うメリット
  • 値段が安い
  • エアコンの種類が少なめなので、すぐ決まる

 

ホームセンターでエアコンを買うデメリット
  • 省エネエアコンが少ない
  • 接客する従業員はプロではない
  • 保証はあるが、家電量販店ほど充実はしていない
  • ホームセンターは地域密着型が多いので、1日に工事できる件数が少なめ
  • ポイントが貯まるホームセンターもあるが、ないところもある
  • 工事は、外注のため問い合わせなどに時間がかかる

 

エアコンは価格が高いので、壊れてしまうとショックを受けてしまう家電です。

家電量販店で買うのと、ホームセンターで買うのでは、メリットデメリットが違ってくるので、長年使うものですからよく考えてから買うようにしましょう。

 

  • 冷房機能だけほしい
  • 長時間利用しない
  • 人感センサーやフィルター自動洗浄機能がいらない
  • 値段をできるだけ抑えたい

 

上記に当てはまる方はホームセンターのエアコンをチェックしてみてください。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人
アバター

こいちゃん

【工場勤務3年目のアラサー主婦】 接客業3年→結婚を機に現在工場勤務に転職| 将来への不安から副業ブログを開始| NOスキルからブログ×SEOで収益化| 当ブログでは「少しでも役に立つ情報」を発信中!

-お得情報, 家計
-,

© 2021 KOICHANNEL Powered by AFFINGER5